カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

糖尿病で包皮が裂傷する体験談と手術のリスク

790 views
約 3 分
糖尿病で包皮が裂傷する体験談と手術のリスク

包皮が裂傷するだけでも十分に厄介ですが、そこに糖尿病が絡んでくると余計にペニスは心配になります。糖尿病で包皮が裂傷し、さらには包茎、糖尿病に悩んでいた男性の体験談と、包茎手術のリスクについて見ていきましょう。

体験談

ある男性は元々が仮性包茎でした。しかしセックスは問題なく行えていました。そこに亀頭包皮炎が発症し、長年の悩みとなっていました。包皮が裂傷するなどの症状があったため泌尿器科で相談すると、糖尿病ではないかと言われて内科で見てもらうと、まさにビンゴです。男性は糖尿病の治療を開始しました。亀頭包皮炎と糖尿病の両方とも治療が必要になったのです。

しかし男性は糖尿病の治療がなかなか上手くいかず、亀頭包皮炎は繰り返していくばかりです。ついに包皮口が硬くなってしまい、カントン包茎になってしまいました。そこまで来たらもうどうする事もできず、包茎手術をしたそうです。そして何とか手術は成功しました。

手術のリスク

男性の体験談では手術が成功しましたが、糖尿病の人は血液がドロドロになってるため傷の治りが遅いのです。しかも糖尿病は免疫力が低下するため、包茎は治っても細菌などに皮膚が弱く、裂傷を繰り返してしまう可能性があります。亀頭包皮炎は包茎が原因の場合が多く、包茎さえ治れば裂傷はある程度なくなる可能性があります。しかし糖尿病だと、包茎ではなくても亀頭包皮炎になる確率は高いままであり、裂傷のリスクは残ったままです。
つまり、糖尿病だと亀頭包皮炎とずっと付き合っていかなければいけない可能性があります。

糖尿病には気を付けましょう

糖尿病、包茎、亀頭包皮炎は密接な関係にあるのが判りましたよね。糖尿病だと血液がドロドロになりやすく、亀頭包皮炎を発症しやすい、包茎だと亀頭包皮炎を発症しやすいうえに、糖尿病だと包茎にもなりやすいのです。

糖尿病を予防するためには、お酒、間食、高カロリーな食事を控えるようにします。日本人は糖を活用するインスリンの分泌が少ないのですが、食事は欧米化していますよね。少ないインスリンで高カロリーな食事を取ると、インスリンが足りなくなってしまうのは目に見えています。食物繊維が豊富な野菜を中心にほどほどに食べるようにしましょう。
包皮の裂傷は糖尿病を意識する事で防げるかもしれません。

ファンガソープEXで清潔に

糖尿病を予防しよう、治そうと言っても、そんなにすぐに糖尿病を完治できる訳ではありません。糖尿病には向き合う時間が必要ですよね。しかし、亀頭包皮炎での裂傷は待ったなしに再発していく可能性があります。

そこで裂傷を防ぐためにペニスを清潔に保ち、菌の繁殖を防ぐのをお勧めします。ペニスは不衛生だと亀頭包皮炎を発症しやすいため、衛生面で裂傷にアプローチするのです。

ファンガソープEXはティーツリーオイルの殺菌成分が配合しているのが大きな特徴です。しかもティーツリーオイルは真菌対策にもなり、カンジダ性亀頭包皮炎対策にもなるのです。ペニスをファンガソープEXで洗うだけで細菌や真菌対策になり、清潔に保てます。

糖尿病予防のために生活を見直す、ペニスの清潔さを維持するためにファンガソープEXを利用する。この2つが、糖尿病からの包皮の裂傷対策のためにできる事です。糖尿病は成人男性がなりやすい病気ですし、日本人男性の7割は包茎です。また、亀頭包皮炎もメジャーな病気なので誰もが悩みやすい事であり、対策は大切です。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)