カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

亀頭包皮炎の治療期間はどのくらい?

570 views
約 3 分
亀頭包皮炎の治療期間はどのくらい?

亀頭包皮炎のこの痛みやかゆみはいつまで続くの?と、出口が見えないトンネルは不安ですよね。また、病院に行こうか、市販薬で治そうか迷ってるんだけども治療期間に差はあるの?など、治療期間が気になる人もいるでしょう。その人の症状や皮膚の健康さなどによって治療期間は異なりますが、大体の目安として自然治癒の場合、病院の場合、市販薬の場合と治療の仕方別に治療期間を見ていきましょう。

※治療期間は個人差が激しいため、口コミや体験談などを元に期間を調査しています。そのため、目安として参考にする程度にして下さい。

自然治癒でかかる治療期間

亀頭包皮炎は軽度ならば自然に治る可能性があります。というのも、カンジダ性亀頭包皮炎のカンジダは免疫力が低くなった時に発症するため、免疫力が回復してカンジダの数が落ち着けば自然治癒する可能性はあるのです。
また、細菌性亀頭包皮炎でも体には治癒能力があります。小さな傷ならば手当しなくても治るように、軽度ならば亀頭包皮炎でも完治します。

治療期間としては、1ヶ月ぐらいかかるという人もいれば2週間かかったという人もいます。ただし、自然治癒するだろうと思って放置したら悪化したという人の方が多く、自然治癒に期待するのはあまり得策ではありません。

市販薬だと

亀頭包皮炎は抗生物質や水虫用の薬などで治療が可能で、市販薬で治る事もあります。
体験談だと2〜3日で良くなり始めるとの声があり、自然治癒を待つよりもケタ違いのスピードで回復していきます。

他の人の体験談でも数日で良くなってきたとの人もいて、大体1週間ぐらいが治療期間です。しかし、軟膏やクリーム、リキッドなどで同じ成分でも濃度が違う商品もあります。そのため、クリームタイプならば再発を防ぐために3ヶ月間は塗った方が良いという人もいます。カンジダ菌は皮膚に根付くため、治ったと思っても症状が治っただけで菌までは退治できていない場合か多いです。そのため、症状は1〜2週間で良くなるけども、完治にはもう少しかかります。

病院だと

病院で亀頭包皮炎を治すためには、泌尿器科や性病科へ行きます。病院のホームページだと個人差があるとして治療期間を明記していないのですが、口コミだと1週間ぐらいで良くなったとの声があります。また、翌日にはスッキリしてくるなどの意見もあります。

市販薬よりも病院の薬の方が効き目が強い、濃度が濃いなど言われていますが、体験談や口コミなどを見ると市販薬でも処方薬でもそんなに大差はないと分かります。

番外編:薬を間違えると

市販薬でも病院での治療でも、今まで書いたのはストレートで治療薬が合っていた場合です。ストレートで治療薬が合っているとは、正確に亀頭包皮炎だと診断され、細菌かカンジダか、細菌とカンジダのミックスなのかなどきちんと医師や自分が判断できた事です。亀頭包皮炎は細菌性でもカンジダ性でも症状は似てるため、尿検査などしないと菌の特定はできません。素人では判断しづらいですし、医師でも間違えます。間違えれば薬はあっても宝の持ち腐れであり、症状は良くなるどころか悪化します。

体験談によると、間違えた結果として2ヶ月も治療期間が必要だった(よく亀頭包皮炎を再発する人で、普段なら1ヶ月が治療期間)という人がいます。悪化すればそれだけ治療期間が必要になるため、薬は間違えないようにするのが大切です。また、間違った薬を使ってないか経過観察をしましょう。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)