カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

ファンガクリームはデリケートゾーンの粘膜にも使える

182 views
約 3 分

デリケートゾーンは粘膜であり、粘膜に利用できる薬やクリームなど肌に塗れるものは限られています。しかしデリケートゾーンの粘膜のトラブルは多く、ファンガクリームは粘膜の救世主とも言えます。

粘膜まで利用できなかった人気の薬

男性器の悩みであるカンジダ性亀頭包皮炎で人気だったのがロテュリミンAFです。海外の薬でありながらも日本の薬よりもカンジダ性亀頭包皮炎向きであり、利用者は多くいました。(日本の薬はカンジダ菌に効く抗真菌薬はありますが、ペニス専用やカンジダ専用はありません。)日本の薬に比べると値段が高いに関わらず、口コミが良くて人気は高かったです。

しかし、そんな大人気商品であるにも関わらずロテュリミンAFは粘膜に利用できないという欠点がありました。ペニスは粘膜ではありませんが、尿道は粘膜で粘膜付近の亀頭に利用するのは勇気がいる時もありますよね。それがロテュリミンAFのデメリットです。

ファンガクリームはその後釜

ロテュリミンAFは現在でも購入できる薬ですが、正規代理店であるビューティーアンドヘルスリサーチでは販売を終了しています。そして、新しい商品であるファンガクリームを発売しています。

ファンガクリームとロテュリミンAFの大きな違いは、ファンガクリームはクリームだけどもロテュリミンAFは薬という点です。ファンガクリー厶は自然由来成分から作られてるクリームであり、オールナチュラル成分だからこそ粘膜にも利用できます。

そして、ナチュラル成分で作ってあるので薬のように副作用の心配があまりありません。赤ちゃんにも利用できますし、敏感肌でも利用できます。刺激が少ないのが、ファンガクリームのメリットです。

デリケートゾーンにファンガクリームを使った体験談

1.いんきんたむし(股にできる皮膚トラブル)に長年悩んでいましたが、このクリームを使ってからは一切悩む事はありません。再発しそうな時はこれを塗れば問題ありません。

2.授乳中にカンジダ膣炎になってしまいました。天然成分のクリームなので安心して利用でき、かゆみやおりものが1週間ぐらいで収まりました。

この2つの口コミは、ビューティーアンドヘルスリサーチにあったものです。男性でも女性でもデリケートゾーンに利用できるのが口コミから分かりますよね。そして、デリケートゾーンや粘膜に利用しても問題ないのが分かりますし、症状が回復するのに期待できるのも分かります。

粘膜以外にももちろん使える

ファンガクリームは粘膜やデリケートゾーンだけに利用できるのではなく、もちろん粘膜以外の場所にも利用できます。Amazonでもファンガクリームは販売していて、アトピーの湿疹に利用してるという口コミがありました。そして、塗り始めてから3日で症状の変化が確認できたようです。

ファンガクリームは粘膜にも利用できますし、デリケートゾーン、その他のゾーンと利用する部位を選びません。また、幅広い菌を殺菌できるので様々な症状に利用できますし、利用する年代も赤ちゃんから大人まで様々です。色んな人が色んなシーンで利用できるのがファンガクリームなのです。
ファンガクリームはロテュリミンAFの後釜ですが、ロテュリミンAFよりも使いやすいクリームです。デリケートゾーンは蒸れやすく、色んなトラブルはあるけども人には相談しにくいですよね。医者に行こうかどうしようか悩む時にファンガクリームで様子見するのも良いでしょう。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)