カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

ファンガクリームは薬なの?

116 views
約 3 分

ファンガクリームは薬ではありません。薬じゃないと皮膚のトラブルに積極的にアプローチできないのでは?と考えるかもしれませんが、薬ではないからこそのメリットはたくさんあります。

薬とは

薬とは、自然界に存在する植物や動物から摂取できる成分を元に作られるものです。薬の中にはたまご由来のものがあるなど、これは病気を治すために利用できるのではないかと思われる成分を研究したり実験したりし、薬として出来上がっていきます。

分かりやすいのが抗生物質であるペニシリンです。世界初の抗生物質であるペニシリンは、青カビの中で発見されました。青カビの中に黄色ブドウ球菌の生育が妨げられる場所があり、それを発見したのがきっかけでペニシリンが出来たのです。

トマトや生姜など、食べ物を指定して「この食べ物は健康に良いよ。」と聞いた事はありますよね。それはその食べ物に含まれる成分が健康に良いからですが、薬は食べ物よりも成分が安定し、かつ食べ物のように余分なものが含まれていません。

薬じゃないから副作用の心配が少ない

薬は食べ物と違って余分なものが入っていない分、作用が強くて副作用が付いて回ります。塗り薬で言えば、副作用は皮膚炎や湿疹、刺激感、赤みなどです。皮膚トラブルをなんとかしたいから塗り薬を塗ったのに、皮膚トラブルを副作用で起こしてしまっては本末転倒ですよね。薬は強く効く分だけ副作用の心配があるのです。どんなに効く薬で、どんなに人気、優秀、有名と名高い薬でも副作用はあります。

しかしファンガクリームの場合、薬ではないので副作用の心配は少ないです。もちろんクリームでも肌に合わなければ副作用はありますが、薬よりもその心配は少ないというのが薬ではないからこそのメリットです。

従来品に比べて粘膜への利用が可能

ファンガクリームはビューティーアンドヘルスリサーチの商品であり、それが誕生する前はロテュリミンAFという商品がカンジダ性亀頭包炎対策の薬として売っていました。今はビューティーアンドヘルスリサーチでのロテュリミンAFの販売は終了し、ファンガクリームが代わりに売っています。

ロテュリミンAFは薬でしたが、粘膜には利用できないというデメリットがありました。しかしファンガクリームは粘膜にも利用できます。そのため、ファンガクリームをカンジダ膣炎に対処するために買ったという人もいます。カンジダ性亀頭包皮炎は男性器の先端に症状が出て、先端には粘膜である尿道があります。尿道に近い部分に塗るのなら、ファンガクリームの方がロテュリミンAFよりも安心できますよね。

赤ちゃんも利用できる

薬だと妊婦の利用は医師に相談してから、子供は使ってはダメ、高齢者は使用に要注意など使う人を限定してしまう場合もありますが、ファンガクリームは利用者を限定しません。赤ちゃんのオムツかぶれにも利用していますし、男性器、女性器などデリケートな部分にも利用している人がいます。もちろん、ニキビに利用してるなど下半身だけがファンガクリームを活用する場所ではありません。薬ではないからこそ、幅広い年代で利用出来ます。また、幅広い場所に利用できるのです。

ファンガクリームは薬ではありません。だからこそ利用幅が増え、利用できる人が多いのがメリットです。薬ではなく自然に皮膚トラブルを治したい、自己免疫力を発揮しながらトラブルを解決したい、そんな人もファンガクリームならば利用しやすいでしょう。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)