カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

男のカンジダの薬に塗り方はある?

441 views
約 3 分

男のカンジダの薬は塗り薬ですが、塗る時に注意する事、効果的に塗る方法などはあるのかなど、塗る時に工夫できる事をお話しましょう。効果的な塗り方を知っておけば、ただ塗るだけよりも少しは早くカンジダにさよならできるかもしれません。

代表的な薬の塗り方

カンジダの薬の塗り方は、どの薬でも患部に塗るだけです。ここではもう少し踏み込んで、代表的な薬別に塗り方がどう書いてあるか紹介します。

〈A薬〉
1日1回から数回に患部に塗ります。指に取って患部に直接塗るか、無菌ガーゼに取って塗ります。
塗り忘れた場合はすぐに塗れば良いのですが、次に塗る時間が近ければ塗らないでおき、次に1回分を塗ります。まとめて2回塗る事はしないで下さい。

〈B薬〉
1日に1回塗ります。入浴後などの患部が清潔な状態で塗り、広めに塗ります。

〈C薬〉
1日に1回塗ります。2〜3週間は継続して塗布しましょう。塗る時は薄く伸ばし、患部全体が覆えるようにします。清潔な状態で塗り、24時間後にまた塗ります。

このように、ただ塗るだけの薬でも1日に何回塗るのかが違います。また、塗り忘れた時にいつ塗るのか書いてあったり、清潔な肌に塗るなどの記載もあります。

広い範囲に塗る

薬の種類は違っても、カンジダの薬は広い範囲に塗るように書いてある薬が多いです。患部全体的に塗ると書いてある薬もあれば、薬によっては患部よりも広い範囲に塗るように書いてあるものもあります。

男のカンジダを治すためには、薬を広い範囲で塗るのがポイントです。なぜなら、カンジダは常在菌なので症状が出ている場所だけでなく、症状が出ていない場所にも菌が潜んでる可能性があるからです。患部の菌が落ち着いてもその周りで菌が繁殖する可能性があるため、広い範囲に塗った方が再発を防げる可能性があります。

完治するまできちんと塗る

薬は完治するまで塗り続けるのが基本的な塗り方です。完治までには個人差があり、1週間ぐらいで治る人もいれば数日で症状が改善の兆しがある人もいます。また、治るまでに1ヶ月はかかるという人もいるのです。それまできちんと塗るのが大切です。

完治するまで塗るのは当たり前のように思いますが、症状が良くなってくると安心して薬の利用がサボりがちになってしまう人もいるでしょう。また、薬を使うのがもったいないからと言って塗るのを辞めてしまう人がいる可能性もあります。しかし、すでに述べたようにカンジダは常在菌であり、肌に根付いています。症状が治りかけた頃に薬で抑えられていた菌が再繁殖してはカンジダは治りません。そのため、きちんと治るまでに利用するのが完治のコツなのです。

清潔な肌に塗る

カンジダの薬の塗り方を見ると、お風呂上がりなど清潔な肌に塗るようにと書いてあるものが多いです。これは清潔な肌でないと汚れが付いているため、薬が浸透しにくいからではないかと考えられます。カンジダは不衛生な状態だと繁殖しやすいため、清潔な皮膚を守るのは重要です。

もし薬を1日に2回塗る場合、1回分は入浴後に塗れますがもう1回分は入浴後には塗れません。その時は、ペニスを軽く洗ってから薬を塗るようにすると良いでしょう。また、塗る時は洗った後の清潔な手で塗るようにしましょう。
男のカンジダは塗り薬で、塗れば良いものです。しかし、広い範囲に塗る事、完治するまで塗る、清潔な肌に塗るとポイントを抑えて塗ればカンジダはより完治しやすいでしょう。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)