カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

亀頭包皮炎の治療費はいくらぐらい?

117 views
約 3 分
亀頭包皮炎の治療費はいくらぐらい?

亀頭包皮炎を治そうと思ったら、気になるのがその費用ですよね。病院ではいくらなのか、市販薬は?など、口コミや体験談と共に費用を見て行きましょう。

体験談や知識人たちの回答

まずは体験談や口コミです。質問投稿サイトで調べた結果、以下のような回答を出している人がいました。全て医者で診察した時の数字として回答しています。

1.1万円以下でしょう。

2.3割で3000円ぐらいです。

3.点数などを考えて2000円ぐらいでしょう。処置などでプラスαがあります。

以上の3つが口コミや体験談から出た数字です。まとめると、2000円〜3000円ぐらいで亀頭包皮炎の費用が収まるのが分かりますよね。これにプラスして薬局で払う薬代や初診料、紹介状代などがプラスすると考えれば良しです。そうなると、高くても1万円あれば会計で困らないのが分かります。

ただし、医療費はその人によって違います。子供は医療費負担がない場合が多いですし、高齢者は割引、保険料を収めていないなら全額負担など人によって負担する金額は様々なので、だいたいこのぐらいかなと覚えておけば良しです。

あるクリニックでは

都内にある、あるクリニックでは亀頭包皮炎の診察料金などの目安がホームページに書いてあります。それによると、診察料金や処方箋料金で1100円ぐらいだとの事です。薬局でもらう薬が1週間で2000円ぐらいとも書いてあるため、トータルで3300円ぐらいが病院でかかる料金です。

薬って1週間で足りるの?と疑問に思うかもしれませんが、大抵の亀頭包皮炎は治療期間が1週間ぐらいです。ただし、2週間かかる人もいますし、悪化していれば1ヶ月ぐらいかかる場合があります。そのため、薬代は長引けばそれだけかかってきます。

このクリニックの例から、体験談や口コミで多くても1万円以下が費用だと言っていたのが分かります。

市販薬はいくら?

では、亀頭包皮炎の市販薬はいくらぐらいかです。亀頭包皮炎には細菌性とカンジダ性がありますが、どちらの薬も1000円ぐらいであります。また、お店によっては割引で900円など1000円以下で購入できる場合もあります。
これらの薬はペニス用ではなく、抗生物質入り薬や抗真菌剤などの一般的な薬を利用します。そのため、ペニスだけでなく薬に当てはまる症状ならばペニス以外にも利用できます。

また、市販薬の中にはアメリカ発の薬もあります。それだと2500円などで高価ですが、カンジダ性亀頭包皮炎により向いてる薬です。

安ければ良いもんでもない

市販薬は病院で受診して薬を処方するよりも安上がりですが、安ければ良いって事でもありません。市販薬だと成分濃度が薄い場合があるからです。

また、病院でも安く済んだから良いというものでもありません。安く済んだとしても、尿検査をしていないから安いなどの理由があるかもしれないからです。亀頭包皮炎の原因である菌は検査しないと適切な治療薬が処方されない場合もあるため、安いから良いとは限らないのです。そのため、安さよりも評判が良い医者を探すのがお勧めです。
いかがでしたでしょうか?費用は人によって違いますが、目安になればと思います。亀頭包皮炎を治すのはタダでとはいきませんが、とびきり高い訳でもありません。症状が悪化するとそれだけ処置が増えたり、薬の利用期間が伸びたりと費用がかさみやすいため、早めに治すのが費用を抑える道でもあります。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)