カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

亀頭包皮炎の治療医院はどこ?

84 views
約 3 分
亀頭包皮炎の治療医院はどこ?

亀頭包皮炎を病院で治そうと思ったら、始まるのは医院探しですよね。亀頭包皮炎の治療医院はどこなのか、子供と大人に分けて見ていきましょう。また、投稿サイトを参考にして投稿によるお勧め治療医院も紹介します。

子供の場合

子供の場合、亀頭包皮炎で相談するのは小児科、泌尿器科、皮膚科などです。子供にとって一番身近なのは小児科で、通いやすさはあるでしょう。しかし、小児科は子供の病気の総合科のようなイメージであり、小児科では対応できないケースもあります。そのため、小児科が通いやすいのならばまずは受診してみるのも良いですし、先生が別の病院の方が良いと判断すればそれに従いましょう。電話で予め、亀頭包皮炎で受診しても良いか聞いておくのも良しです。

また、子供は待ち時間が嫌いなので、順番待ち時間を減らすために予約しておく、待ち時間対策のために塗り絵や絵本、ゲームを持っていくなどしておくと良いですよ。

大人の場合

大人の場合、治療医院として候補に上がるのが泌尿器科、性病科、皮膚科です。性病科はペニスの病気について詳しいのですが、性病科がある医院は比較的少ないです。また、性病科に入っていく姿を誰かに見られなくないという場合もあるでしょう。

泌尿器科だと比較的、簡単に見つかります。また、泌尿器科の中に性病科の役割を果たす部門がある場合もあります。そのため、亀頭包皮炎ならば泌尿器科に行くのが1番行きやすく、かつ的確な処置をしてもらえる可能性があります。

皮膚科でも良いのですが、皮膚科だとアトピーなどペニス以外の病気で受診する人も多いため、ペニスの診察だと恥ずかしさを感じるかもしれません。

医師によるとお勧めは..

投稿サイトでは、亀頭包皮炎についての悩みがたくさん見つかります。それらをくまなく見て、回答まで見ていくと治療医院についての事が書いてあります。

その回答の中で医師だと名乗る人が回答してるのですが、それによるとお勧めは性病科だそうです。泌尿器科だと腎臓なども見るため、性病科の方がより適しているとの事です。泌尿器科だと尿検査をしない場合もあるなど、亀頭包皮炎の菌の診断には適さないと言います。
また、別の人によると皮膚科よりも泌尿器科が良いという人もいます。これも皮膚科だとアレルギーや皮膚トラブルに対しての診療に対して、泌尿器科はよりペニスに近い部分を診療するからです。

つまり、皮膚科よりも泌尿器科、泌尿器科よりも性病科がより治療には適してると考えられます。

評判が良い医院を選びましょう

皮膚科でも泌尿器科でも、性病科でも診断ができれば問題ないのですが、評判が良い医院を選ぶのが大切です。なぜなら、体験談によると処方薬で亀頭包皮炎が悪化してしまったという場合もあるからです。これは、カンジダ性亀頭包皮炎が発症していたのに細菌性の薬をもらってしまったからなどが原因です。カンジダは真菌なので、細菌性の薬が効かないのです。何らかの原因で検査でカンジダが発見されなかったからというのも考えられますし、尿検査などの検査をしないで細菌性亀頭包皮の薬を処方して様子見する医師だったのかもしれません。

医師には得意とする分野があります。また、評判が良い医院は混んでる場合もあるため、口コミなどで評判が良い医院を探しましょう。そして、早めに医院に行くのも大切です。早めのしっかりした治療が早めに回復するための秘訣です。

 

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)