カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

亀頭包皮炎の治療機関はどんな所?

69 views
約 3 分
亀頭包皮炎の治療機関はどんな所?

亀頭包皮炎の治療で最も適してるのが、治療機関で症状を見てもらう事ですよね。亀頭包皮炎は泌尿器科や性病で受診できますが、泌尿器科や性病科ってどんな所なの?亀頭包皮炎で救急外来は利用しても良いのかなど亀頭包皮炎の治療機関について見ていきましょう。

泌尿器科とは

泌尿器科で検索すると、泌尿器科学という言葉がヒットします。泌尿器科学とは尿路、生殖器、腎臓、膀胱、陰茎、前立腺などがメインの科学です。同じような研究をするのに腎臓学があり、内科学の分野になります。そのためなのか、亀頭包皮炎が受診できる泌尿器科には内科があるクリニックもあります。

泌尿器科学から分かるように、泌尿器科は相談できる内容が亀頭包皮炎のペニスだけではありません。腎細胞癌のような腎臓に関する事も受診できますし、膀胱炎、勃起不全、性病なども泌尿器科の分野です。

つまり、泌尿器科は亀頭包皮炎に悩む人だけが来る訳ではなく、かつ亀頭包皮炎は数ある受診内容の1つなのです。

性病科とは

性病科とは、呼んで字のごとく性病について受診できる場所です。性病は男性も女性も関係ある病気なので、婦人科や泌尿器科の中に含まれている場合もあります。また、皮膚科や外科にも性病科が含まれています。

男性だとメンズクリニックなど性病科と大きく書いてない場合もありますし、男女共に受診できるけども待合室が別々になってる場合もあります。

ちなみに、性病科は泌尿器科や皮膚科などに比べると数が少ないです。また、泌尿器科医であっても性病科としてウェブサイトに記載してあるものもあります。そのため、性病科かどうかというのにこだわってしまうと遠出しなければいけない可能性が高いため、性病科に限らず泌尿器科も一緒に探すとした方が良いでしょう。

救急外来は亀頭包皮炎で利用できる?

ペニスがすごく痛い!我慢できないし、夜も眠れない!というならば、亀頭包皮炎でも救急外来を利用するのを考えると良いでしょう。しかし、救急外来は本来ならば今すぐに処置しないと生死に関わる、重大な後遺症になってしまうなどの緊急性がある時に利用するものです。そのため、亀頭包皮炎で救急外来を受けて良いかははっきりと良いとは言えません。
しかも救急外来はウィルス感染の恐れがある人も利用するため、何かしらの病気に感染して帰ってくるリスクもあります。

亀頭包皮炎は徐々にかゆみや痛みが発症していき、いきなり激痛となる事はあまりありえないため、救急外来にかからないように酷くなる前に昼間の受診をした方が良いでしょう。また、救急外来にかかろうか悩んだら外来先に電話して受診しても良いか聞きましょう。

救急外来で亀頭包皮炎を受診した体験談

ある体験談によると、子供がペニスの痛みで救急外来を利用したそうです。その子によると、お尻が痛いと訴えて良く見たらペニスが赤く腫れていたそうです。しかも発熱までしていて、排尿痛もありました。

救急で病院に受診したら細菌性亀頭包皮炎だと言われ、薬をもらってきたそうです。子供は恐らく2歳ぐらいで、まだ小児科を受診するような年齢です。この場合、子供で重篤化するリスクがあるのと発熱したから救急外来を利用したのだと思われます。

もし亀頭包皮炎で発熱した、小さな子供が訴えてるなどがあれば、救急外来を利用するのも良いでしょう。
このように、亀頭包皮炎の治療機関は泌尿器科か性病科などです。救急外来で利用するなら、電話で受診して良いか聞いてみると良いでしょう。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)