カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

亀頭包皮炎の薬を薬局で買うためには?

1136 views
約 3 分
亀頭包皮炎の薬を薬局で買うためには?

亀頭包皮炎を治したいけれど、薬局で購入できる薬で対処できるのか?薬局で亀頭包皮炎の薬を探したけども見つからなかった(泣)と、薬局で亀頭包皮炎の薬を見つけたい人が参考になるように、薬局と亀頭包皮炎について見ていきましょう。

薬局で購入できる市販薬は?

亀頭包皮炎を治すための薬で薬局で購入できるのが、細菌性亀頭包皮炎ならば化膿性皮膚疾患と効能に書いてあるものです。大手製薬会社からいくつか発売されていて、抗生物質が配合されているので細菌に効きます。

また、カンジダ性亀頭包皮炎ならば抗真菌薬です。水虫用や白癬用の薬を利用します。そして、細菌にも真菌にも利用できる化膿性皮膚疾患と書いてある薬もあります。

細菌性もカンジダ性も亀頭包皮炎専用の薬はなく、体全般に利用できる薬をペニスに利用するようになります。そのため、薬局で亀頭包皮炎の薬として探すとなかなか見つからないでしょう。

投稿者の声

質問投稿サイトで薬局で買える薬についての質問がいくつかありますが、その回答を見ると病院をお勧めする回答投稿者が複数います。

1.(薬局で購入できる薬は効くかという質問に対して)皮膚科や泌尿器科へ受診した方が良いです。医者はアソコを見てもノドを見ても一緒です。私は医者で治しました。

2.(亀頭包皮炎で薬局の薬のお勧めを知りたいという質問に対して)変な薬を使うと悪化します。私はすぐに病院に行きましたが、医者が間違えて薬を出し、1年間治りませんでした。評判が良い医者に行くのがお勧めです。

〈まとめ〉
薬局で亀頭包皮炎の薬は購入できるけれど、市販薬よりも病院に行った方が良いという人は多いです。しかも、そういう意見を持つ人は亀頭包皮炎をすでに発症した経験者です。なぜ病院に行った方が良いのか、次の章で説明します。

薬局の薬がお勧めできない訳

薬局で購入できる薬をお勧めできない理由は、市販薬を買うという事は本当に亀頭包皮炎か医師に診断されてないからです。

亀頭包皮炎はすでに書いたように、細菌性とカンジダ性の二種類があります。細菌とカンジダは菌の種類は違いますが、同じ亀頭包皮炎を起こして症状も似ています。菌の判定は尿検査や培養などで行うため、素人では細菌性亀頭包皮炎かカンジダ性亀頭包皮炎かの区別は付きません。つまり、症状は似てるけど薬は違うものを選ばなければいけないのです。また、細菌性とカンジダ性の両方が発症してる場合もあります。

薬局で薬を買う時は亀頭包皮炎だときちんと分かり、さらに細菌性かカンジダ性かきちんと分かった上で購入する必要があるのです。

薬局ではないけどお勧めできるクリーム

薬局で購入できる薬ではなく、通販で購入できるクリームですが、ファンガクリームという商品ならば医師の診断なしでも利用するのがお勧めです。

ファンガクリームは新発売されたクリームで、カンジダにも細菌にも対処できるのが特徴です。細菌と真菌を殺菌できる秘密はティーツリーオイルであり、天然成分がペニスを殺菌して亀頭包皮炎に対処していきます。細菌性亀頭包皮炎なのかカンジダ性亀頭包皮炎なのかと神経を使う必要なく利用できるのです。

薬局の薬は便利に購入できますが、細菌性亀頭包皮炎かカンジダ性亀頭包皮炎か判断できない時は利用しない方が良いです。どうせ薬局に行くならば、医師に処方箋をもらって処方薬をもらいましょう。または、ファンガクリームを通販で買う方が良しです。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)