カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

亀頭包皮炎の市販薬のメリット、デメリット、体験談

561 views
約 3 分
亀頭包皮炎の市販薬のメリット、デメリット、体験談

「亀頭包皮炎でも病院に行く時間がない!」「病院に行く時間がないけど亀頭包皮炎を治したい。」

亀頭包皮炎を治したい、だけど病院には行けないという人のために市販薬は便利なのですが、市販薬って本当に良いの?という事についてまとめていきます。

市販薬の種類

亀頭包皮炎は細菌性亀頭包皮炎とカンジダ性亀頭包皮炎の2種類があります。どちらか片方が発症する場合もあれば、両方とも一度に発症する場合もあります。

細菌性亀頭包皮炎の場合、市販薬は抗生物質の薬を選びます。ただし、私が調べた限りだと細菌性亀頭包皮炎専用の薬はなく、外用薬の抗生物質の薬をペニスに塗るようになります。

カンジダ性亀頭包皮炎の場合、利用するのは抗真菌薬です。カンジダは細菌ではなく、真菌の仲間です。細菌も真菌も名前は似てますが構造が違うため、カンジダには抗生物質が効きません。カンジダ性亀頭包皮炎の薬もペニス専用の薬はなく、水虫や白癬に利用する薬をペニスに塗ります。

市販薬のメリット

市販薬のメリットは冒頭でも書いた通り、病院に行かずに対処できる点です。病院は待ち時間がありますし、主に平日に開院していますよね。なかなか忙しくていけない、会社は遅刻しづらいなど通いにくい人もいるでしょう。
また、体験談だと病院で若い看護婦にペニスを見られるのが死ぬほど恥ずかしかったという人もいました。
待たない、恥ずかしくない、比較的どこでもいつでも買えるなどのメリットが市販薬にはあります。

また、市販薬を家にストックしておけば亀頭包皮炎が再発した時にすぐに利用できますよね。亀頭包皮炎は早めの対処が早く治るポイントなので、違和感があればすぐに塗れます。

市販薬のデメリット

市販薬のデメリットは、本当に亀頭包皮炎か、亀頭包皮炎でも細菌性かカンジダ性か分からないという時に対処できない事です。

先にも書いたように、亀頭包皮炎は細菌性とカンジダ性で薬が違います。細菌性ならば抗生物質を利用しますが、カンジダ性亀頭包皮炎は抗生物質が原因で発症します。つまり、細菌性と思って抗生物質を利用したらカンジダ性亀頭包皮炎が悪化する可能性があるのです。

また、細菌性とカンジダ性の両方がミックスで発症した場合、どうやって対処するのか悩む所です。ある泌尿器科によると、細菌性のために抗生物質の飲み薬とカンジダ性の塗り薬を処方するそうですが、医者でなければどう対処すれば?と悩むでしょう。

市販薬の体験談

1.市販薬を利用し、治ったかなぁと思ったらまた再発します。

2.ネットでカンジダのための薬を見つけました。

3.ネットで薬を使ったら、徐々に良くなっていきました。

〈体験談まとめ〉
インターネットで市販薬を利用した体験談を探しましたが、目立ったのが亀頭包皮炎の市販薬ってあるの?という質問投稿でした。その回答として、市販薬はあるけどうかつに手を出すと悪化すると答えてる人が多いです。

それでも市販薬を使った人はそれなりに良い成果を上げてる人はいます。ただし、治ったらすぐに再発など結果として困ってる人もいるのが分かります。

以上が市販薬の薬ってどんなものがあるの?メリット、デメリットとは?などのまとめです。市販薬は良い面がある一方で、デメリットも大きいです。そのため、市販薬を利用するならば症状を確認して薬剤師と相談しながら買うなど、できる限り自分の病気に近い薬を買えるように努力しましょう。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)