カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

女のカンジダ治療法とは?

417 views
約 3 分
女のカンジダ治療法とは?

女性のカンジダの治療法は、大きく分けて病院、再発時の市販薬を利用するの2つあります。両方の治療法を、治療期間や治療費など含めて見ていきましょう。

病院での治療法

病院での治療法は、膣内洗浄と膣剤を利用しての治療です。風邪だと診察して薬をもらい、後は自宅で風邪薬を利用すればじきに良くなりますが、女性のカンジダだと通院して治療していきます。通院しては膣内洗浄をして、膣剤を入れての繰り返しを1週間〜2週間ほど続けると、カンジダが治っていきます。

治療費は人によって違い、1000円ぐらいで済む人もいれば6000円かかる人もいます。その人のカンジダの状態や初診料などの違いで変わってきますが、1万円以上も治療に使ったという人は体験談から見つからなかったので、高くても1万円以下、安ければ1000円代で治療できると考えましょう。

病院は婦人科で、小さな子供なら小児科を受診しても良いのですが、小児科は子供の病気の総合所なのでカンジダとオムツかぶれを間違えたなどの体験談もあります。小さな子供は小児科を受診して良くならなければ皮膚科や婦人科などを考えると良しです。

市販薬での治療法

市販薬での治療は、カンジダが再発した時に利用します。これは、カンジダの症状があっても本当にカンジダなのか分からないからです。カンジダは抗真菌効果がある薬じゃないと症状が回復しませんが、カンジダではなくただの細菌性の炎症ならば抗真菌効果ではなく、細菌に効く薬を利用します。初めてカンジダになってしまった時は、これがカンジダなのかと分からないため、市販薬の利用はできません。

市販薬は薬剤師がいる薬局やドラッグストアで購入できます。妊娠中は利用しない事、糖尿病者は利用しない事などが注意事項に書かれているため、それを確認してから購入します。

価格は3000円ぐらいで、膣に入れるタイプよりも膣の外に塗るタイプの方が安いです。ただし、どちらが良いのかは症状によって変わるため、薬剤師に相談しましょう。また、市販薬だと1週間ぐらいが治療期間です。

番外編:サプリでアプローチ

薬ではありませんが、サプリメントでカンジダにアプローチする方法もあります。カンジダの原因は腸内フローラのバランスが崩れ、悪玉菌が増えてしまう事です。カンジダ菌は日和見菌に属し、善玉菌が腸内で優位ならば悪さはしません。しかし、悪玉菌が優位になるとカンジダ菌は悪玉菌の味方になってしまい、カンジダの症状が発症してしまいます。そのため、カンジダ対策のサプリメントは乳酸菌に関係するものが多いです。

カンジダに関係する乳酸菌サプリメントの値段は市販薬とほぼ一緒ですが、薬ではないので症状の回復は市販薬よりも遅い可能性があります。ただし、薬ではないという事は副作用が少なくて長期的に利用しやすいという事で、再発を繰り返すカンジダによって役立ちます。
病院での治療は通院が面倒くさい、診察が恥ずかしいなどのデメリットがありますが、確実にカンジダにアプローチできます。また、病院に通ってる安心感もあります。

市販薬は再発しか利用できませんが、自宅で利用できます。また、薬なので処方薬と同様に高い効果を期待して良いでしょう。

サプリメントは薬よりも症状の回復が遅いかもしれませんが、薬よりも長期的に利用できて体に優しいです。

どの治療法もメリットとデメリットがあるので、どれなら無理せず治療できるか検討してみて下さいね。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)