カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

男のカンジダの治し方

1023 views
約 3 分
男のカンジダの治し方

男性器がかゆい、痛い、カスが溜まるなどの症状があれば、それはカンジダ性亀頭包皮炎かもしれません。放置すると悪化する可能性があるため、きちんと治すためにはどうすれば良いのか知っておきましょう。

病院で治療する

男性器に異常があると感じたら、性病を疑って病院へ受診するのは治療への良い第一歩ですよね。病院は、泌尿器科か性病科を受診します。

病院では患部のチェックをし、尿検査や陰部から細胞を取って菌を培養するなどの診察があります。検査が終わってカンジダだと分かればそれに合った薬が処方されます。

費用は病院によって違いますし、何割負担かなどその人によっても違いますが、一般的な3割負担だと検査で3000円、薬で1000円ぐらいがかかります。薬は一般的には塗り薬ですが、症状が酷いと飲み薬を併用して治していきます。

市販薬を利用する

市販薬を利用する場合は、病院の診察がありません。市販薬は塗り薬が中心で、抗真菌効果がある薬を選びます。抗真菌とは、カビなどの真菌に強い薬の事です。カンジダは細菌とは体の構造が違うため、細菌対策の薬では効果が期待できません。抗真菌と書いてある薬を選ぶか、できるならカンジダ対策と大きく書いてある薬を選びようにしましょう。カンジダのために開発してある薬は、真菌の中でもカンジダ菌に特化した薬なので効果がより期待できます。

市販薬は1週間ぐらい利用すると症状が良くなっていくでしょう。もし1本使ってもカンジダの症状がなかなか良くならない、症状が悪化してるなどがあれば、カンジダ性の病気ではないので使用を中止し、病院に相談しましょう。

クリームを利用する

クリームなので治療とは言えますが、カンジダにアプローチするクリームがあります。それがファンガクリームです。通販サイトのビューティーアンドヘルスリサーチから発売されています。

ファンガクリームが良い理由は、薬じゃないけどもカンジダ対策になる成分を含んでる点です。例えばティーツリーオイルは、抗菌になるとして臨床実験で証明されています。また、同じく配合されてるユーカリオイルや蜜蝋(みつろう)、オリーブオイル、ラベンダーオイルなども臨床実験で効果を立証済みであり、カンジダで荒れた皮膚を回復させるのに大きな期待ができます。薬ではないので副作用の心配が少なく、かつ再発しやすいカンジダに長期的に利用していきやすいのが、ファンガクリームを使うメリットです。

通気性が良いパンツやズボンを利用する

病院で検査して処方薬をもらうにしろ、市販薬を利用する、クリームを利用するなど、どの治し方でも共通するのが通気性が良い下着や服を利用する事が、カンジダの症状を回復させるための近道です。

カンジダは真菌で、カビの仲間です。カビは暖かくてジメジメした場所で繁殖しますよね。カンジダも同じように、暖かくてジメジメした場所で繁殖しやすい性質を持っています。男性器は外に出てる部分であり、女性の膣に比べるとジメジメしにくい部分ですが、尿や精液、分泌物が亀頭に付着した状態でパンツやズボンの中に押し込まれていると、蒸れてカンジダが繁殖しやすくなります。そのため、亀頭が乾いた状態を保てるようにきちんと拭く、通気性が良い綿などの素材で作ったパンツを履くなど、下半身の通気性を良くしていきましょう。そして、その通気性を良くする習慣がカンジダを再発させないための習慣となります。

 

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)