カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

男のカンジダ症に薬を利用するデメリット

508 views
約 3 分

カンジダらしき症状が現れたら薬を使って治療していくのが一般的ですが、薬はメリットばかりではありません。なぜメリットばかりではないのか、薬を使ってもカンジダ症に悩む人の体験談と共に解説します。

カンジダ症と薬で悩む体験談

1.気が付けばチンカスだと思っていたカスが大量発生し、病院で受診したら薬をもらいました。しかし、一向に良くなる気配はありません。病院で誤診され、カンジダだと分からなかったからです。

2.カンジダっぽい症状が出ていて、薬を使ったらだいぶ良くなりました。しかし、油断したらまた再発してしまいました。

3.カンジダだと調べたら分かり、薬でだいぶ良くなりました。しかし、最後まで治りません。この薬では良くならないのでしょうか?

悩む理由

前章での体験談では、カンジダ症に薬を使っても治らない、最後まで治らない、再発するの3つの悩みがあるのが分かります。実は、こういった薬を使ったけども良くならないというカンジダ症の悩みは男性で良くあります。中にはカンジダが悪化してしまったという声もあるのです。また、カンジダにはどの薬を使用すれば良いかと悩む人もいます。

カンジダ症で薬を使っても悩みが消えないのは、カンジダ症が他の病気の症状と似てるからです。似てるので医師も判断しづらいですし、素人も間違えます。カンジダ症は細菌が原因の症状と似てるため、区別が付きません。しかも薬は間違えると意味がありませんし、カンジダ症が悪化する可能性があります。

症状が似てるから区別が付かない、区別が付かないから薬は利用しづらいのがデメリットです。

ファンガクリームという選択

カンジダ症かそれとも細菌なのかという悩みにピリオドを打つのが、ファンガクリームです。ファンガクリームはティーツリーオイル配合で、細菌もカンジダも殺菌する力があります。薬のデメリットはカンジダに効くものだと細菌には無意味など目的がはっきりしてますが、ファンガクリームは目的が限定的ではありません。実際に、ファンガクリームを利用した人はオムツかぶれ、いんきんたむし、カンジダ膣炎など様々です。

薬のデメリットをカバーしてるのがファンガクリームであり、薬ではなくクリームでカンジダ症をなんとかするという選択肢もありです。ちなみに、ファンガクリームはただのクリームではなく臨床試験に基づいて成分を配合しています。つまり、クリームだからといっても薬に負けず劣らずなのです。

薬やクリームに頼りっぱなしにしない

薬はカンジダ症の対策に優秀なので一般的に良く利用されますし、クリームは薬にはないデメリットを埋めてくれます。カンジダは自然治癒するものではないので、薬やクリームを塗るのはとても大切です。

しかし、薬やクリームに頼りっぱなしにするのは良くありません。体験談からも分かるように、カンジダ症は再発します。そのため、薬やクリームに頼りっぱなしにするのではなくカンジダが生きにくい体を作っていくのが大切なのです。

カンジダが生きにくい体とは、清潔なペニスです。ペニスは包茎だと恥垢と呼ばれるカスが溜まります。カスがあると不衛生になりやすいため、ペニスを洗った時にきちんと取り除きましょう。

また、カンジダは免疫力が弱いと繁殖するため、ストレスや疲れに強い体を作るなども大切です。薬やクリームを使いながら、カンジダが住みにくい体やペニスの環境作りも大切なのです。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)