カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

男のカンジダの市販薬、ラミシールについて

834 views
約 3 分

ラミシールはカンジダのための薬として良く名前が上がりますが、市販薬は売ってるのか、購入する時の注意点とは、市販薬のラミシールについて詳しく書いていきます。

ラミシールとは

ラミシールは薬の名前で、ラミシールに配合してあるのはテルビナフィンというスイスで生まれた成分です。日本では1993年に承認され、大ヒットした歴史があります。

ラミシールはこれまで1日に複数回の塗布が必要だったのに対し、1日に1回の塗布で良いという特徴があります。そして、ラミシールは抗真菌薬として水虫やいんきんたむし(股に白癬菌が繁殖してブツブツができる事)などの対処薬にも利用できますし、市販薬もあります。そのため、誕生してから真菌へのアタックに一役買っています。

市販のラミシールを買う注意点

ラミシールは抗真菌であり、男のカンジダに効果が期待できる薬ではありますが、買う時に注意するのは本当に男のカンジダが原因で症状が現れてるのかを確認する事です。

市販薬を買う理由は、病院に忙しくていけないから、手っ取り早く薬が欲しいからなどではないでしょうか?市販薬は病院に行かなくても手に入れる事ができ、手っ取り早く塗ってカンジダを治せますが、もしその症状がカンジダではなかった場合、ラミシールは効きません。カンジダでない可能性として考えられるのは細菌です。細菌も繁殖するとかゆみや痛み、炎症などを引き起こします。

しかし、ラミシールは細菌には効果がなく、真菌でない症状に使っても意味ありません。つまり、ラミシールを市販薬で利用する場合はきちんと検査してカンジダだと判断してから利用するようにしなければいけません。

ラミシール利用の注意点

ラミシールを利用する上で知っておきたいのが副作用です。ラミシールでは副作用が出る確率が分かっています。

まず、0.1〜5%の確率で紅斑とかゆみが出る可能性があります。また、0.1%の確率で皮膚の剥がれや亀裂が出る場合があります。また、頻度は不明ですが湿疹や蕁麻疹などが出る可能性があります。

副作用が出る確率は数パーセントでほとんど問題ないかと思いますが、肌が弱い人や以前に塗り薬で副作用が現れた事がある人は注意しましょう。もし肌が弱いなどの心配があれば、少しづつ肌に付けて様子見するなどしましょう。

ラミシールよりお勧めのクリーム?

市販薬でラミシールを購入するならば、同じく処方箋なしで購入できるファンガクリームがお勧めです。なぜなら、ファンガクリームはカンジダも細菌も殺菌できる事、肌に優しいオールナチュラル成分である事の2点がラミシールよりも優ってるからです。

ファンガクリームがカンジダも細菌も殺菌できるのは、ティーツリーオイルを使ったクリームだからです。ティーツリーオイルは自然界の中でも殺菌力が高く、オーストラリアの先住民もティーツリーを利用していました。

また、ファンガクリームは自然界にある中でも実験で炎症を鎮める、殺菌するなどの力か立証されてる成分を利用しています。薬よりもクリームなので肌に優しく、ナチュラル成分でより肌に優しいのがファンガクリームです。それでいて真菌も殺菌できるため、ラミシールよりもお勧めできるのです。
男のカンジダで市販薬のラミシールを利用するならば、カンジダ菌が悪さをして症状が現れてるのか、副作用は心配ないか確認しましょう。市販薬は医師に相談できないので薬を選ぶ時の注意点はあります。心配ならば、ファンガクリームを選ぶのも良いですよ。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)