カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

男のカンジダとは?原因や治し方まとめ

367 views
約 3 分

カンジダは女性でよく聞くデリケートゾーンの悩みですが、男性も発症する病気です。なぜカンジダになるのか原因は?治し方は?どうすれば防げる?など男のカンジダについてまとめます。

カンジダ性亀頭包皮炎とは

 
カンジダ性亀頭包皮炎は、男性の亀頭や包皮でカンジダ菌が繁殖して発症する炎症です。カンジダ菌とは、正式にはカンジダ.アルビカンスです。カンジダには何種類かあり、食物の発酵を助ける菌もありますが、カンジダ.アルビカンスは皮膚に住む菌です。そして、カンジダについて話をする時は、たいていがカンジダ.アルビカンスについてです。

症状は?

カンジダの症状は、男性だとペニスの違和感、かゆみ、痛み、白いカスが発生、赤みなどです。痛みやかゆみがムズムズと弱くある場合もあれば、我慢できないぐらい強くなる場合もあります。

また、カンジダは悪化する場合が多いです。ムズムズしたかゆみから炎症、炎症から水ぶくれやただれ、皮膚の乾燥など症状が酷くなります。そして、悪化する前に治療した方が早く治ります。

原因は?

カンジダは性病で、性行為によって発症すると思われますが、性行為でカンジダが発生する確率は5%ぐらいです。残りの95%は免疫力の低下で発症する、ペニスが不衛生だったから発症するなど自分が原因です。

免疫力の低下とは、疲れ、ストレス、睡眠不足、風邪などの体が弱ってる時です。体が弱ってる時は悪玉菌が増えやすくなり、日和見菌であるカンジダ菌が増えやすくなります。カンジダ菌は体に住む常在菌で数が落ち着いていれば問題はありませんが、増えれば亀頭包皮炎を発症させてしまうのです。

また、ペニスの不衛生さとはパンツやズボンで蒸れてしまい、菌が繁殖しやすい環境を作ってる事です。カンジダ菌は真菌で、カビの仲間です。温かくてジメジメした環境だと繁殖しやすくなります。

どうすれば治る?

カンジダを治すために最も効果的なのが、薬を塗る事です。泌尿器科や皮膚科、性病科で受診ができますし、市販薬も購入できます。
薬は抗真菌薬で、真菌を殺す効果がある薬を利用します。

また、ファンガクリームやファンガソープEXといった薬以外のクリームやソープでアプローチしていくという方法もあります。

防ぐには

カンジダを防ぐためには、包茎手術をするのが効果的です。なぜなら、仮性包茎を含めた包茎だと包皮が亀頭やペニスの竿を隠してしまい、包皮の中に汚れやチンカスなどが溜まりやすいからです。これがペニスの不衛生さを生んでしまいます。包茎でなければ亀頭包皮炎は発生しないと言う医師もいるぐらい、包茎はペニスの環境に影響してるのです。

しかし、包茎手術は保険適用外になる場合が多く、包茎人口が多い日本ではズルムケだと恥ずかしさもあるでしょう。そこで、包茎でも剥ける所まで剥いて洗う、清潔に保つために通気性が良い綿の下着を身に付けるなどでカンジダになりにくいペニス環境を作りましょう。

また、免疫力を下げないために疲れやストレスを発散できる趣味を作る、質が良い睡眠を取る、野菜などバランスが良い食事をするなども心掛けましょう。

男のカンジダについてざっくりと理解はできたでしょうか?カンジダは繁殖しなければ悪い菌ではありません。しかし、皮膚に根付く菌なので完璧に除去するのも難しい菌です。そこで大事なのが、繁殖させない事、カンジダになったらすぐに治して悪化させない事なのです。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)