カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

男のカンジダの検査はなぜ必要?

362 views
約 3 分

男でカンジダが発症した場合、検査が必要と聞いた事はあるかと思います。なぜ検査が必要なのか、どうやって検査をするのかなど、カンジダと検査について知っていきましょう。知っておけば、症状が悪化する可能性を少なくできます。

検査しないとカンジダだと確証できない

男のカンジダで検査が必要な理由は、カンジダの症状が分かりにくいからです。亀頭包皮炎は、カンジダが原因と細菌が原因の2パターンあります。カンジタだと白いカスが付くなどの特徴もありますが、かゆみや痛みなどどちらが原因でも同じ症状は現れます。また、カンジダだけが原因ではなく細菌も同時に感染してる場合もあるのです。

つまり、カンジダかなと思ってもカンジダではない場合があり、カンジダの薬を塗っても効果はありません。だからカンジダだという検査が必要なのです。

カンジダではない薬を塗った体験談

ある体験談では、カンジダなのに細菌の薬を塗ってしまったという話があります。

〈体験談〉
ペニスに違和感があり、インターネットで色々と調べたらカンジダかなと思いました。

しかし、病院に行ったら細菌だという事で薬をもらいました。その薬を塗っても症状は良くならなかったため、違う病院を受診しました。そこで検査したのですが、カンジダが検出されないので細菌の薬をまたもらいました。そしてまた薬を塗っていましたが、なかなか良くならず悪化していく一方です。

そのため、また違う病院を受診してやっとカンジダだと診断されました。その時は違和感を感じてから1ヶ月ぐらい経っていて、症状は悪化していました。そのため、薬を塗って治る頃には2〜3ヶ月経っていました。

〈解説〉
この体験談では、医師にカンジダだと思うと言ったのにカンジダだと診断されませんでした。
細菌のために利用されるのは抗生物質で、抗生物質はカンジダと競合していた細菌を殺すのでカンジダが繁殖しやすい状況を作ってしまいます。薬違いはカンジダを繁殖させてしまう可能性があるため、体験談ではカンジダが悪化してしまったと考えられます。

検査の仕方

カンジダ菌が原因で亀頭包皮炎が発症してるかどうかは、尿検査で分かります。または、綿棒で患部を少し擦って菌を培養し、カンジダがいるか確認します。

昔は尿道を開いて綿棒を入れ、性病の菌がいるか調べていたそうですが、今は痛みなく検査できます。

検査しない場合は

体験談だと、病院で医師が検査しなかったという話を聞きます。なぜ検査しないのか分かりませんが、医師がそう言うのならば何か考えがあるのでしょう。もしかしたら、細菌性に近いと判断しての検査なしだったのかもしれません。
また、細菌性っぽいからとりあえず薬を処方し、効果がなければまた来てもらうと考えてるのかもしれません。

いずれにせよ、検査しない場合は相談できるようならば医師に検査しない理由を聞いて見ましょう。また、検査しないでもらった薬でペニスの症状が良くなるかチェックしながら塗っていくのが良しです。

市販薬を利用する場合も同じく、症状が回復するか確認中しながら利用していきましょう。薬が合っていれば、1週間ぐらいで症状が回復していくはずです。
カンジダの検査の大切さは分かりましたよね。カンジダかどうかチェックしないと症状が回復しないばかりか悪化する場合があります。また、検査は簡単で痛くはありません。検査しなければ症状を確認しながら薬を利用していくのが良いでしょう。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)