カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

細菌性亀頭包皮炎で市販薬を利用する事について

650 views
約 3 分

「細菌性亀頭包皮炎を病院ではなく市販薬で治したい!」
色んな事情で病院ではなく市販薬で細菌性亀頭包皮炎を治す場合、どんな薬を利用すれば良いのか、デメリットは?など亀頭包皮炎と市販薬について考えていきましょう。

市販薬はどんな物がある?

細菌性亀頭包皮炎の場合、市販薬は抗生物質の薬を利用します。抗生物質は細菌キラーになる薬で、利用すれば早い段階から症状が良くなっていくでしょう。

市販薬だと抗生物質でペニス専用の薬というものはなく、化膿性皮膚疾患と書いてあるものを利用します。形状は軟膏がお勧めで、ペニスに刺激を与えにくいからです。病院で処方される薬も軟膏が多いですし、リキッドやクリームなどもあれば軟膏を選んでおけばとりあえずは良しです。

値段は薬によって変わりますが、1000円ぐらいと見ておけば良しです。安ければ1000円以下で購入できますが、安売りしていても薬が合う合わないはあるのでまずは1本から購入するのがお勧めです。

デメリット

細菌性亀頭包皮炎の市販薬は、症状に合えば安く対処できるのがメリットです。しかし、亀頭包皮炎だと市販薬が合わない場合もあります。合わない場合というのは、アレルギーや副作用もありますが、1番心配なのがペニスに発症してるのが細菌性亀頭包皮炎ではないかもしれない点です。

亀頭包皮炎は細菌性とカンジダ性があり、症状が似ています。カンジダは細菌ではなく、真菌です。細菌性亀頭包皮炎だと思ったら実はカンジダだったとなる場合もあれば、細菌とカンジダのミックスだったという事もあります。

体験談では、カンジダ性亀頭包皮炎の市販薬を利用していたけれどなかなか最後まで治らず、細菌も感染してる可能性があるという人もいます。

合えば良し、合わなければ意味なしなのが市販薬のデメリットです。

ファンガクリーム

「細菌かカンジダか分からないのならば市販薬を買うのが怖い、病院に行くしかないの?」と普通ならばそうなりますが、実は細菌性もカンジダ性も両方をカバーできるクリームがあるのです。それがファンガクリームです。

ファンガクリームは抗生物質に匹敵するほどの力があると評判のティーツリーオイルを利用しています。ティーツリーオイルは1902年にオーストラリアのシドニーで高い殺菌力が実験で分かっています。しかも抗生物質は長期的に利用すると耐性菌が問題になりますが、ティーツリーオイルは天然成分なので長期利用の安全性があります。

ティーツリーオイルはカンジダ菌も抗菌対象となるため、カンジダとミックスの細菌性亀頭包皮炎でも利用できるのです。

また、市販薬と同じようにペニスに塗れば良いため、使いやすさもあります。

ファンガソープEX

ファンガクリームと一緒に利用できるのが、ファンガソープEXです。こちらもティーツリーオイルが配合されていて、細菌性とカンジダ性の両方に対応しています。しかもファンガソープに含まれているシアバターは保湿成分として人気が高いです。細菌性亀頭包皮炎でヒリヒリする、乾燥するなどの患部を保湿でいたわってくれるのも期待できます。

ファンガソープEXもペニス専用ではなく、全身専用です。髪の毛も洗えます。いつものボディソープと同じ要領で洗うも良しですし、ペニスだけファンガソープEXを利用しても良いでしょう。
細菌性亀頭包皮炎で市販薬を利用する時は、確実に細菌だと分かる時だけにしましょう。細菌か分からないようならば、病院かファンガクリームとファンガソープEXを利用した方が良いです。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)