カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

亀頭包皮炎で市販の薬を利用するメリットとデメリットは?

638 views
約 3 分
亀頭包皮炎で市販の薬を利用するメリットとデメリットは?

亀頭包皮炎は市販薬で治す事ができる?市販薬で治したい時に注意する点は何か?など、忙しさなどで病院に行けない人のために、亀頭包皮炎を市販薬で治す時のメリット、デメリット、注意点をまとめて見ていきましょう。

市販薬とは

市販薬とは、薬局などで自分で選んで購入できる要指導医薬品と一般用医薬品の事です。医師が処方する薬は医療用医療品と呼ばれていて、市販薬は大衆薬とも呼ばれています。最近で、OTC医薬品(Over The Counter、対面越しでの販売を意味してる)とも呼ばれています。

要指導医薬品は薬剤師の説明が必要な薬で、カウンターの中などにあります。書面で説明が必要なので、話を聞かなければ買えません。一般用医薬品は書面での説明が必要な第一類医薬品もありますが、必ずしも必要ではない第二類医薬品や第三類医薬品もあります。

薬剤師がいれば処方薬を含めた全ての市販薬を取り扱う事ができますし、登録販売者がいれば第一類医薬品以外の一般用医薬品を取り扱う事ができます。

メリット

市販薬のメリットは医師の診断なしで薬が購入できる点です。病院の待合室で待つ事なく買えますし、平日でも休日でもドラッグストアは開店してる所が多いです。病院の場合、医者と看護師に症状を相談しなければいけませんし、看護師は女性が多いです。女性にペニスを見せるのはちょっと..と抵抗感がある人もいるでしょう。

また、ドラッグストアや薬局は医者はいないと言えども薬剤師がいれば症状を相談してそれに合う薬が購入できます。亀頭包皮炎を女性の薬剤師に相談しにくれば男性の薬剤師がいるか電話で問い合わせもできるでしょう。

さらに、薬剤師に相談してから薬を購入すれば割引で薬が購入できるドラッグストアもあります。そのため、医者に相談できないから相談する人がいないし..と不安な気持ちを少しはなくせます。

デメリット

市販薬のデメリットは、相談できるとは言え医師に診察してもらわないため、本当にその病気にあった薬なのか判断がしづらい点です。
例えば、蓄膿症の場合だと鼻が痛い、顔や歯まで痛いなどの症状から薬剤師が蓄膿症だと判断して、薬を選んでくれます。
これを亀頭包皮炎に置き換えると、ペニスが痛い、かゆい、赤みがある、ペニスの先端に症状があるなどから薬剤師が薬を選びます。しかし、亀頭包皮炎には細菌性とカンジダ性があります。どちらも同じ症状ですが、利用する薬の種類は違い、細菌には細菌の、カンジダには真菌の薬が必要です。薬剤師はそういった専門的な知識はもちろんありますが、カンジダか細菌かは尿検査をするなどで判断するため、症状を聞いただけでは判断できません。

つまり、市販薬を買う時のデメリットは亀頭包皮炎だと確実には分からない点です。また、亀頭包皮炎でもどのタイプの菌なのか分かりません。

注意点

市販薬はデメリットもありますが、病院に行きづらいという人にとっては有り難い存在ですよね。そこで買う時に失敗しないためには、市販薬が自分に合ってるのか考えましょう。
市販薬を購入する時に注意する点は、アレルギーについて知っておく事です。例えば、炎症を抑える効果がある成分、リゾチーム塩酸塩は卵白から作られているため、卵アレルギーがある人は利用できません。

また、これとこれの薬は組み合わせて利用できないなどもあるため、利用してる薬があれば組み合わせに注意しましょう。そして、こういった注意があるからこそ、薬剤師に相談してどの薬ならば自分が利用できるか確認が大切です。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)