カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

亀頭包皮炎の治療は早めが良い

442 views
約 3 分
亀頭包皮炎の治療は早めが良い

亀頭包皮炎の治療の中で1番大切なのは、早めに対処していく事です。そんなの分かりきってるよ!と思う人もいるかと思いますが、分かっていたとしてもなかなか早めに対処するのは難しいものがあります。そこで、なぜ早めに治療するのが大事なのか、理由をいくつか書いていきます。

症状が悪化するため

亀頭包皮炎に早くアプローチしなければいけない理由の最大の理由が症状の悪化です。亀頭包皮炎はなんかムズムズするなという最初は少し気になるぐらいのかゆみでも、悪化すると耐えきれないぐらいの痛みにまでなり得ます。また、セックスする度に痛いとなると性欲がなくなり、パートナーから浮気を疑われる場合もあります。

亀頭包皮炎は、炎症が悪化すると尿道炎になる可能性があります。尿道炎は排尿痛があり、排泄もままなりません。また、足の付け根が痛くなって歩けなくなる、腫瘍ができるなどの可能性もあります。症状の進行の速さは個人差があるため、そこまで悪化しないために早めに治療しましょう。

病気を間違えるため

病気を間違える?まさか..と思う人もいるかもしれません。しかし、カンジダ性亀頭包皮炎なのに違う病気を病院で診断されたという体験談があります。

また、亀頭包皮炎は細菌性とカンジダ性があり、どちらの菌かで薬が違います。それなのに医師が診察してカンジダ菌が検出されない事もあります。さらに細菌でもカンジダでも亀頭包皮炎は症状が似ているため、どちらが原因か分からない事もあります。実際に、カンジダの薬を使ったけどもなかなか良くならないという人もいて、それは細菌性亀頭包皮炎だから薬が効かないのではないかと思われます。

医師でも判断を間違える亀頭包皮炎なので、素人が判断したら間違える可能性があるのは分かりますよね。間違えてる間に症状が進行してしまうため、なるべく早めに治療が必要なのです。

潜伏期間があるため

亀頭包皮炎の原因菌には潜伏期間があります。カンジダだと感染から2〜3日で発症しますし、細菌だとその細菌によって潜伏期間が異なります。そのため、感染したらすぐに発症という訳ではなく、タイムラグがあります。つまり、症状が出る頃にはすでに菌が存在して勢力を伸ばしてる真っ只中なので早めに対処しないとどんどん侵略されてしまいます。まだ症状が気になり始めたばかりだから大丈夫!ではないのです。

ファンガクリームで早めの対処を

亀頭包皮に早く対処しなければいけない理由は、潜伏期間があって症状が出る頃にはすでに菌に侵されてるから、薬を間違えて症状の進行を食い止めれない可能性があるからです。そして症状は悪化すると歩けない、尿をするのが嫌になるなどの生活が困難になる可能性もあります。

そこで早めの対処として利用をお勧めするのが、ドクターズチョイスのファンガクリームです。カンジダ性と細菌性の両方に利用できます。通販でいつでもどこにいても購入でき、気になった時に利用できるので早めの対処ができます。そして、早めにクリームを塗っておけば症状が最小限に収まるかもしれません。

ファンガクリームはオールナチュラル成分で、長期間に渡って利用しても薬に比べてリスクは少なくて済みます。使用にあたってのリスクが少ないため、亀頭包皮炎かな?と思ったら使えます。
亀頭包皮炎かもと思う症状があれば早めに医者に行って治療するのが大事です。しかし、そこまで暇じゃないしと困るのなら、ファンガクリームで早急に対処して早めに症状を和らげましょう。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)