カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

ちんかすのとり方とは(体験談と口コミ)

897 views
約 3 分
ちんかすのとり方とは(体験談と口コミ)

ちんかすを取りたいけど痛い、どうやってちんかすを取れば良いか分からないなど、ちんかすのとり方で悩む男性は多くいます。どうやってとれば良いのか、1番ピッタリくるとり方は人それぞれだと思うため、体験談と口コミで様々なちんかすのとり方を見ていきましょう。

石鹸で取る

カリやカリの下にちんかすが溜まったという質問サイトに投稿してる人に対して、寄せられた回答は以下の通りです。

「ボディタオルに石鹸を付けて、恥垢が溜まってる場所を洗えば自然と恥垢は取れる。」

お風呂場で恥垢を取るという人は多く、体を洗ったついでにちんこまで洗い、恥垢を落とす人は多いです。そのため、お風呂場で恥垢をきれいにするのは一般的な回答です。ボディタオルを利用する人もいれば、素手で洗う人もいます。どちらのやり方にしても、石鹸をきちんと泡立てて泡で洗い、ちんこを傷付けないようにしましょう。

ポイントは、剥ける所まで剥いていく事です。痛くない程度に少しづつ剥いていき、少しづつ恥垢を取ります。

お湯で取る

石鹸で取るという人もいれば、お湯で取った方が良いという人もいます。石鹸だとヌルヌルしてしまい、恥垢を剥がしづらいというデメリットがあるからです。そのため、石鹸を使用しないでお湯で恥垢を取っていけば取れやすいとの事です。お湯だけなら泡で恥垢が隠れませんし、確認しながら取れそうですよね。お湯で恥垢を十分にふやかしてから取っていくのがポイントです。

また、包皮で亀頭が隠れていて、無理に包皮を剥がすと痛みを感じるなら、まずはシャワーを当てるだけで良しです。素手で触るのが痛い場合も同様で、シャワーを当てるだけにします。少しづつ?いていき、剥けたら洗い流すのを繰り返せば最終的に恥垢は取れます。また、触るのにも慣れるので痛みも慣れます。

ピンセットで取る

ティッシュで恥垢が取れず、洗うと痛そうという質問に対して答えたのが、ピンセット方法です。

まずは恥垢を乾かします。乾かした後にピンセットで恥垢をつまみ、取っていきます。

乾いたらピンセットを利用するとしか質問に対して回答はなかったのですが、恥垢は包皮の中にあると水分が抜けにくい可能性があるため、恐らく恥垢を乾かすために包皮を亀頭から出しておくのが必要ではないかと思われます。寝る時に亀頭を包皮から出しておけば痛みにも慣れると別の回答があったため、寝る時に亀頭やカリなど恥垢がある部分を出して乾かし、その後にピンセットを利用すると良いでしょう。ふやかして恥垢を取るのがスタンダードですが、なかなか取れない時は乾かしてみると良いですよ。

ただし、ピンセットはひんやりして尖ってるため、亀頭は刺激を感じるかもしれないので無理は禁物です。

包皮と擦り合わせて取る

ちんこの皮を剥いたら恥垢がびっしり詰まっていたけど、洗おうとしたら痛みがある。どうやって取れば良いんだ?という質問サイトの質問に対して答えた人が、以下のようなやり方で包皮の中に入った恥垢を取るように答えています。

1.まずは勃起させ、亀頭を出します。包皮を亀頭かぶせたり?いたりして擦り合わせながら、恥垢を出します。恥垢が出たら洗い流せば、痛みなく恥垢が出せます。

2.勃起させても亀頭が皮をかぶっていて、その皮を剥けば亀頭が出るのなら、皮をかぶった状態で擦ったり揉んだりし、亀頭を出します。亀頭に恥垢が付けば洗い流します。

すぐに全ての恥垢を取る事はできませんが、痛くないやり方として紹介しました。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)