カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

ちんこの皮のあかぎれをどうにかする方法

932 views
約 3 分
ちんこの皮のあかぎれをどうにかする方法

ちんこの皮にあかぎれが起こった場合、薬やクリームであかぎれを対処していきます。薬にした方が良い?それともクリーム?と何を塗れば良いか迷った人のために、それぞれのメリットとデメリットを書きましょう。

処方薬

処方薬は病院の泌尿器科に行くと、医師の判断をしてもらえます。あかぎれができる原因は、乾燥、細菌、真菌などがあり、乾燥ならば保湿剤、細菌や真菌ならばその菌にあった薬がもらえます。菌だと判断するためには体の組織をほんの少し採取し、菌を培養します。
処方薬の場合、通常ならば塗り薬です。ただし、かゆみがあれば飲み薬ももらえる可能性があります。

処方薬のメリットは、原因に対するきちんとした薬がもらえる事です。そのため、あかぎれから本当に開放されたいと思うなら処方薬を選べば間違いなしです。しかしデメリットとして、病院での待ち時間、薬局での待ち時間と薬をもらうのに時間がかかる点です。あかぎれは病院に行かなきゃ治らない訳ではないため、楽に薬をもらいたい場合には不向きです。

市販薬

市販薬も病院の処方薬と同じく薬なので即効性があります。しかも病院のように待ち時間がなく、土日も購入できます。便利で早く買えますし、楽にあかぎれに対処できるのがメリットです。

ただし、ちんこの皮のあかぎれの原因は、乾燥、細菌、真菌と原因が分かれています。そのため、どの市販薬を購入して良いのか悩むでしょう。細菌と真菌は似ていますが、細胞の構造が違うので薬を間違えると全く効果はありません。そうなるとお金の無駄ですよね。そのため、薬剤師と相談して購入するようにしましょう。薬剤師に相談して購入すれば全くの知識がない状態でも購入できます。

しかし、病院ならちんこの説明をするのに個室ですが、薬局だと他のお客さんがいます。さらに薬剤師が女性だとちんこの説明をするのは恥ずかしいと感じるのがデメリットです。

クリーム

クリームは薬ではないため、薬のような即効性がありません。そのためあかぎれが長引く可能性はありますが、長期的に塗っても副作用の心配がないので安心できます。また、クリームだと真菌に特化して真菌だけに利用できるなど薬のように限定的な使い方にはなりません。そのため、ただの乾燥だと思って保湿クリームを買ったけど無駄になってしまったなどもありません。体が次に乾燥したら塗るから取っておこうなど使い回しができます。

あかぎれを何とかしたいけど、薬はあんまり使いたくない、原因が特定できないけどあかぎれさえ良くなってくれれば良いと考える人向けです。

何も塗らない

究極の選択肢がこれです。薬もクリームも塗らないで、自分の治癒力を信じてあかぎれ対処をしていきます。これなら副作用もなく、薬の依存性など心配はあまりありませんよね。何も塗らない場合は、あかぎれに雑菌が入らないようにするために清潔に保つのに意識を集中します。手であかぎれ周辺を触る時はきちんと洗ってからにするなど、あかぎれが化膿してしまうのに注意しましょう。
何も塗らないのはお金がかからないため、節約になります。さらに自己回復能力を退化させない、副作用がないと良い事づくめです。

しかし、あかぎれを長期的に様子見しなければいけませんし、細菌や真菌が原因だった場合はあかぎれが悪化する可能性が高いです。悪化してきた、かゆみや痛みが出てきたとなれば、迷わず病院に相談しましょう。我慢しないのがポイントです。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)