カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

ロテュリミンクリームよりすごいクリームとは?

339 views
約 3 分
ロテュリミンクリームよりすごいクリームとは?

ロテュリミンクリームは男性カンジダ性亀頭包皮炎に対処できる薬として、長い間愛されてきたクリームです。しかし、そのクリームよりも良いクリームが開発されて話題になっています。そこでロテュリミンクリームのデメリットを中心に、ロテュリミンクリームよりも良いクリームを紹介していきます。

副作用がある可能性も

ロテュリミンクリームは少なからず副作用やの心配がありました。配合されてるクロトリマゾールは、塗った場所の刺激感、皮膚炎、赤みなどの副作用がある場合もあります。こういった副作用は確率が低いためか、ロテュリミンクリームで副作用が現れたとの情報は探してもありません。しかしクロトリマゾールの薬は注意事項に副作用が書いてあるため、ロテュリミンクリームも副作用の心配が捨て切れませんでした。

性器に副作用が出てしまうと、デリケートな部分なので心配になりますよね。副作用が心配な人にとっては、なかなか手が出しづらかったという事もあるでしょう。

年齢制限あり

ロテュリミンクリームには年齢制限がありました。通販サイトによると2歳以下の子供は医師の相談が必要としていたので、小さな子供のカンジダ性亀頭包皮炎には利用しづらいデメリットもあります。

しかし、男性カンジダ性亀頭包皮炎は幼い子供にもなる可能性はあります。原因であるカンジダ菌は体に住み付き、免疫力が下がった時に悪さをします。子供はまだ体の器官が未熟で、風邪を引きやすいなどの特徴からカンジダが繁殖しやすいのです。カンジダになっても子供が利用できないロテュリミンクリームは、カンジダが発症した子供を持つ親にとっては歯がゆい気持ちにさせてしまうクリームだったのです。カンジダは再発を繰り返すため、処方薬なしで買えるロテュリミンクリームは男児に便利なのに使えないなんてもったいないですよね。

粘膜には利用できない

ロテュリミンクリームは粘膜には利用できないというデメリットもありました。男性器の亀頭や包皮は粘膜ではありませんが、尿道は粘膜です。粘膜近くを塗るとなると、粘膜NGのロテュリミンクリームは使うのが心配になりますよね。

また、粘膜に塗ってはダメという事はそれだけ刺激になり得るクリームというのも考えられます。性器は刺激を感じやすい部分なので、ロテュリミンクリームを塗るのに抵抗があるという人もいたでしょう。

ロテュリミンクリームはカンジダ菌対策になるクリームでしたが、色々と心配になる事もありました。それこそ、高い期待値に付きまとう不安ですよね。そこでビューティーアンドヘルスリサーチでは、ロテュリミンクリームの販売を辞めて新しいクリームを発売してるのです。

後釜はファンガクリーム

人気があったロテュリミンクリームですが、正規店であるビューティーアンドヘルスリサーチでは発売が終了しています。そして、新しい商品としてファンガクリームを販売開始しました!

ファンガクリームは、一言で説明すると臨床実験に基づいた自然由来の成分を利用してる人気のクリームです。ハーブを中心にしてカンジダを撃退する力がある成分や、炎症を抑える力が期待できる成分などが配合されています。自然由来で薬ではないため、副作用の心配がありません。また、自然由来だからこそ粘膜にも利用でき、デリケートな性器にも安心して利用できます。
さらにファンガクリームはオムツかぶれの赤ちゃんにも利用できるため、男児のカンジダ対策にもなるのです。

 

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)