カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

女児でカンジダの相談は何科に行けば良い?

13 views
約 3 分
女児でカンジダの相談は何科に行けば良い?

女児は大人に比べて汗をかきやすく、体も発達していないので免疫力が十分にあるとは言えません。そのためカンジダになりやすい体と言えますし、カンジダが再発しやすい体とも言えます。もしカンジダが再発したら、何科に行けば良い?と女児が行く科について紹介します。

小児科

子供の病気と行ったら、まず考えられるのは小児科ですよね。かかり付けの小児科がある女児も多いでしょう。そのため、カンジダになったら小児科に行くのはもちろん良しです。

子供が先生に慣れてるのもあり、受診しやすいのが小児科です。また、待合いスペースには子供の本やおもちゃがあり、待ちやすいのもメリットです。さらに女児が泣く、騒ぐなどにも多少の寛大さはあるため、親は安心です。

しかし、小児科は総合的な子供の病気を受け付けています。カンジダはオムツかぶれと症状が似てるため、小児科医がオムツかぶれの薬を処方したという体験談もあります。症状がなかなか治らない、悪化したとなったらすぐに再受診しましょう。

皮膚科

女児がカンジダになった時に受診したという親が多いのが皮膚科です。オムツかぶれやカンジダは似た症状ですが、カンジダは膿もあるなどの区別があり、皮膚のスペシャリストならばカンジダだと診断しやすいでしょう。

皮膚科のデメリットは、子供だけではなく大人の患者も多い事です。子供が待ち合い室で騒ぐ、ウロチョロするなどの落ち着きのなさは白い目で見られる場合があり、待つのに大変な場合もあります。

また、皮膚科に普段から行き慣れてない子供は先生を見るだけで泣き叫ぶなどもあり、受診の心配もあります。皮膚科に行くならば、予約ができる医院なら予約して行く、子供の暇潰し道具を持っていくなどすると良いでしょう。

婦人科

婦人科に行く年齢制限はなく、子供でも利用できる科です。レディースクリニックと称してるのが婦人科で、カンジダの診察ができます。体験談では女児がカンジダになり、婦人科に行ったという人が少なからずいます。

ちなみに、婦人科でも産婦人科でもカンジダの相談はできますが、産婦人科だと妊婦検診を受ける人もいて、診察までの待ち時間が長くなる可能性はあります。

また、婦人科は女性の患者ばかりで子供が待ち合い室にいるのは寛容だとは思いますが、なかには不妊治療中で親が子供といるのを見るとイライラしてしまう人、子供が走り回って妊婦とぶつかるのが嫌な人などもいます。そのため、婦人科であっても待ち合い時間
に子供が騒がないようちに注意しましょう。

市販薬やサプリは?

女児がカンジダになった場合は病院に相談するのが1番お勧めです。市販薬やサプリメントでカンジダにアプローチする方法もありますが、これらは年齢制限をしてるものが多く、15歳未満は利用しないようになどが書かれています。そのため、子供向けの市販薬は見つけるのが大変です。サプリメントならば食品に分類されるので子供も口にしやすいのですが、子供は医師に相談して利用などの制限がありますし、年齢制限をしてるサプリメントもあります。そのため、女児が口にして良いサプリメントも探すのが難しいでしょう。

女児がカンジダになってしまった場合は、市販薬やサプリメントを考えずに病院に行くようにしましょう。小児医療控除などで子供の医療費は優遇される自治体が多いですし、市販薬やサプリメントが女児に使えたとしても病院で診察した方が費用面で助かります。

 

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

About The Author

sasa7633
自身がカンジダで悩まされたこともあり、カンジダに関して色々と勉強しました。そしてカンジダ対策に良い商品を実際に試してみて、本当に良かった商品を厳選してご紹介しています。