カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

数字で見る女性が膣カンジダになる可能性

569 views
約 4 分
数字で見る女性が膣カンジダになる可能性

膣カンジダは女性特有の病気ですよね。男性にも性器にカンジダ菌が感染する事はありますが、女性の方が性器にカンジダが感染しやすいのです。一体、何人ぐらいの女性が膣カンジダになってるの?など、カンジダを数字で見ていきましょう。

膣カンジダを知ってる割合

10代後半〜50代までの女性に製薬会社がアンケートを取った所、約40%の女性が膣カンジダの存在は知ってるけども発症した事がないと回答しています。半数にいかないぐらいの人が膣カンジダを発症した事がないのに、その存在は知ってるのです。そのぐらい膣カンジダは有名な病気って事ですよね。恐らく、デリケートゾーンがかゆくなる病気などちょっとした予備知識は持っているのだと思います。

また、膣カンジダについて知らないし、発症した事もないと答えてる女性は30%ほど存在します。さらに、膣カンジダに感染した事はないけども詳しく症状などについて知ってる人は約5%います。全く膣カンジダの存在は知らない人は、膣カンジダを知ってる人よりも少ないのです。つまり、膣カンジダは多くの女性か知ってるメジャーな病気と言えます。それだけ発症した人が身近な場所にいるなど、身近な病気なのです。

膣カンジダが発症した事がある人の割合

膣カンジダを発症した事がないけども存在だけは知ってる人が約40%、膣カンジダを発症した事もないし存在も知らない人が30%、発症した事はないけども膣カンジダについて知ってる人は5%という事は、膣カンジダを発症した事がある人は女性全体で25%いると言えます。10人いたら2〜3人は膣カンジダになった事があるのです。膣カンジダになった事がある女性は5人に1人と言われていますが、10人に2〜3人という事は5人に1人か2人は膣カンジダに感染した事があると言えますよね。そんなに多くの女性が膣カンジダに悩まされているため、いつ膣カンジダになってもおかしくないのが分かります。

膣カンジダを再発した割合

膣カンジダを発症した事がある女性の中で、再発した事がある女性の割合も統計があります。別の製薬会社のアンケートによると、膣カンジダを1回しか経験した事がない人は約45%います。今の所は再発せずに、1回だけしか経験していません。

膣カンジダを2回再発した事がある女性は約25%、3回以上再発した人は約10%、4回以上の再発は約15%です。この統計結果から、膣カンジダは5割の割合で再発するのです。高い確率で再発しますよね。しかも膣カンジダを経験した女性の中で3回以上も膣カンジダを再発した人は25%もいるため、何回も膣カンジダになる可能性もあります。

膣カンジダは再発しやすいと言われているのが統計から裏付けされていますよね。再発しやすいのは、カンジダ菌が膣に根付きやすいからです。
これまでの統計は、製薬会社独自のものです。別の会社がアンケートを取れば数値は少し違うかもしれません。しかし、大きくは変わらないでしょう。

統計から分かる事は、膣カンジダに感染した事がある人は5人に1〜2人、再発する確率は5割という事です。膣カンジダは感染しやすく、再発しやすい病気なのでいつ膣カンジダになるかは分かりません。また、膣カンジダを一度でも経験したらカンジダ菌が根付いてしまい、再発する確率は5割もあります。つまり、膣カンジダにならない事、なってもカンジダ菌を根本的に退治する事が大事だと分かりますよね。しかし、根本的に退治できたかは素人には目で見ても分かりません。そのため、カンジダが再発しないように免疫力を付けるのが最も大事なのです。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)