カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

膣カンジダには市販薬?それともサプリ?

630 views
約 3 分
膣カンジダには市販薬?それともサプリ?

膣カンジダの治療法は医者で薬をもらう、市販薬を服用するの2択だけでなく、サプリで症状を回復していくという方法もあります。膣カンジダで医者に行くのは恥ずかしい、医者に行く時間がないという人は市販薬やサプリを選ぶかと思いますが、どちらの方が良いのか市販薬とサプリの違いを見ていきましょう。

市販薬のメリット

市販薬は膣の中に膣剤を入れるタイプが多く、膣に直接アプローチするので効きやすいメリットがあります。しかも薬なので有効成分が早く良く効き、1週間ぐらいで膣カンジダが治っていきます。

市販薬で配合されてるのはクロトリマゾールなどで、カンジダ菌対策になる成分です。病院に行かずに薬の成分が利用できるため、手間いらずです。

市販薬のデメリット

市販薬のデメリットは、少なからず副作用の心配がある点です。薬なので、そこは避けれません。皮膚が赤くなる、かゆさが増す、刺激を感じるなどの副作用があった場合は使用を中止しなければいけません。

また、膣内に入れるタイプを利用するのを抵抗気味に思う人もいるでしょう。しかも膣は真っ直ぐに伸びてるのではなく、上に向かって伸びています、そのため、奥まで薬がきちんと行き渡るかどうかは分かりません。さらに、膣に入れるという性質上、生理中は薬の利用を中止しなければいけません。不衛生ですし、月経によって薬の成分が洗い流されてしまう可能性もあるからです。

薬は膣内に入れるタイプが多いのですが、中には塗るタイプもあります。また、個人輸入代行業者を利用して海外製品を利用する事もできますが、業者によっては商品が届かないなどのトラブルもあるため、信用できる業者か確認してから利用しましょう。

サプリメントのメリット

サプリメントのメリットは、口から摂取するので抵抗なく利用できる点です。誰もが利用しやすく、出先でも簡単にカンジダ対策ができます。また、サプリメントは食品であり、自然の力でカンジダにアプローチします。膣カンジダだと乳酸菌サプリが多く、乳酸菌で腸内のバランスを取り、カンジダの繁殖を抑え込みます。自然の力や体内の免疫力でカンジダ対策ができるのがメリットです。そして、自然の力なので副作用の心配がほとんどありません。

サプリメントのデメリット

膣カンジダのサプリメントは乳酸菌がメインですが、乳酸菌サプリはたくさんあります。また、「膣カンジダ 対策」とインターネットで検索してもサプリによって配合されてる乳酸菌は少しずつ異なり、何を選べば良いか分かりづらいのがデメリットです。

ドクターズチョイスの膣カンジダ対策サプリ

どんなサプリを選べば良いのか分かりにくい中、ドクターズチョイスのカンジダクリアスーパーとフェミプロバイオは非常に分かりやすい商品です。

まず、ドクターズチョイスはアメリカの商品ですが、日本には正規代理店が存在します。そのため、個人輸入する必要はなく、正規品が手に入ります。しかも日本語で詳細にサプリについて書いてあるため、どんなサプリなのか一目瞭然です。

また、ハーバリストや栄養学者、大学の研究などを参考にしてサプリを作ってるため、質が良いのが特徴です。口コミでは1週間ぐらいでカンジダの症状が回復したとの声もあり、評判も上々です。

市販薬が良い、サプリメントが良いと判断を付けるのは難しいのですが、サプリメントで症状が回復するなら嬉しいですよね。だからサプリメントを膣カンジダにはお勧めします。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)