カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

カンジダは女児でも注意が必要

80 views
約 3 分
カンジダは女児でも注意が必要

カンジダは成人女性の印象が強いのですが、子供でも感染する確率があるので注意が必要です。実際に、女児が股をかゆがってるなどカンジダを疑うような症状が現れているとも言われています。女児のカンジダはなぜ発症するのか、何科に行けば良いのかなど考えていきましょう。

女児がカンジダになる理由

女性器は出産の時の産道になり、月経では血の通り道になるなど重要な器官です。そのため、女性の膣には自浄作用が備わっていて、いつも清潔な状態を保つようにしています。具体的には、デーデルライン桿菌が膣内を酸性に保ち、細菌の繁殖を防いでいます。

女児にも膣の自浄作用はありますが、まだ体の機能が未熟なので自浄作用が上手く働かない場合もあります。すると、カンジダ菌が繁殖して性器カンジダになりやすくなります。しかもカンジダ菌は健康な体であっても性器に存在し、他の菌と上手く共存しています。共存していたのが繁殖すると問題なのですが、カンジダ菌は元々いる菌なので自浄作用が上手くいかなくなっただけで繁殖しやすいのです。

カンジダ膣炎の種を持ってるため、未熟な女児は自浄作用のバランスが崩れるだけで炎症を起こしやすいと言えます。

皮膚科か小児科へ

女児でカンジダに感染したら、皮膚科か小児科へ相談します。婦人科は何歳からでも相談できるので、婦人科でも大丈夫ではありますが、女児にカンジダらしき症状が発生して相談した親によると、多くの人が皮膚科か小児科に相談しています。または、泌尿器科に行ったという人もいます。小児科だとその子の掛かり付けの医院があり、女児が慣れてるから安心、待ち合い室におもちゃや本があるから待ちやすいという理由で小児科を選んでも良いでしょう。また、カンジダではなくただのオムツかぶれだったという場合もあるため、婦人科よりも皮膚科や小児科の方が受診は最適かもしれません。
小児科で対象するよりも皮膚科など他の科に行った方が良いと先生が判断すれば、それに従えば良しです。

お風呂では感染しない

母親や父親がカンジダで、女児と一緒にお風呂に入ると感染するのではないかと心配になる人もいるでしょう。または、女児がカンジダで一緒にお風呂に入ると親に感染させてしまうのではないかと心配になる人もいるかもしれません。しかし、心配は無用です。カンジダは風呂場では感染しません。

なぜなら、風呂場ではお湯に浸かる、シャワーを浴びる、体を洗う、体を拭くなどでカンジダが体に付着したままになってしまうという事があまりないからです。カンジダは肌に付いたとしてもすぐに感染する訳ではなく、感染には時間がかかります。また、健康な体ならばカンジダは繁殖しずらいため、お風呂場に一緒に入ったからといって親子に感染する心配はありません。

カンジダ以外で疑われる事

女児は肌が薄く、大人よりも汗をかきやすいなどでカンジダ以外にも肌トラブルになりやすい年代です。

カンジダ以外で疑われるのは、オムツかぶれです。カンジダからオムツかぶれになってしまう事もありますが、ただかゆい、赤くなってるというなら、オムツかぶれかもしれません。

また、黄色くて匂いがあるおりものがあるならば、外陰腟炎です。ブドウ球菌や大腸菌が膣内に入り込んでしまったのかもしれません。

こういったお尻周りのトラブルを避けるためには、トイレでお尻を拭く時に肛門から後ろに向かって拭くようにします。肛門から前にペーパーを動かしてしまうと、肛門の菌が膣内に入りやすくなってしまうため、女児に拭き方を教えてあげましょう。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)