カンジダを自宅で治す(男性・女性)

天然成分ティーツリーオイルでカンジダ菌(真菌)や細菌を殺菌

ぺニスの皮にできるあかぎれの正体は?

728 views
約 3 分
ぺニスの皮にできるあかぎれの正体は?

ペニスの皮にあかぎれができるのは、決して寒さが原因ではありません。あかぎれができる原因と、解決策を知っていくとペニスの健康につながりますよ。

亀頭包皮炎が原因かも

ペニスの皮にあかぎれができる原因で考えられるのは亀頭包皮炎です。包皮とあるように、ペニスの皮が炎症を起こしてあかぎれが発症してる可能性があるのです。

インターネットで亀頭包皮炎になったペニスの画像がありますが、手にできるあかぎれのようにパックリとペニスが割れているのが分かります。このように、亀頭包皮炎になるとペニスがあかぎれになってしまい、痛みが生じる事もあります。また、あかぎれ以外にもかゆみも痛み、赤み、白いカスが付くなども亀頭包皮炎の特徴です。

亀頭包皮炎には細菌性とカンジダ菌からなるカンジダ性があり、菌の種類こそ違えど症状は似ています。

亀頭包皮炎は包茎が原因

亀頭包皮炎の原因で最も考えられるのは包茎です。カンジダ性亀頭包皮炎は、体の免疫力が低下して起こりやすい病気です。また、細菌性亀頭包皮炎であってもカンジダ性亀頭包皮炎であっても、ペニスが不衛生になると皮が炎症を起こしやすくなり、あかぎれが発生しやすくなります。

こういった不衛生さは、包茎の人にありがちです。包茎だと包皮でペニスが隠れてしまい、風呂やシャワーで洗いにくいからです。洗いにくいとその日の汗などが付着したままとなり、亀頭包皮炎を発症しやすくなります。包茎は仮性包茎や真性包茎など色々とあり、どの程度の包茎かは個人差がありますが、洗えるのなら包皮を剥いて洗うようにしましょう。

糖尿病が原因

ペニスの皮にあかぎれができる原因は免疫力不足もあると書きましまが、免疫力が下がりやすいのが糖尿病です。糖尿病は血糖値をコントロールするインスリンが上手く作用しない病気で、自覚症状が少ないのです。

高血糖の状態だと、免疫反応が弱くなります。これにより感染症にかかりやすくなり、細菌など菌に体が弱くなります。すると昔ならばあまり気にしなかった細菌に弱くなり、細菌性亀頭包皮炎やカンジダ性亀頭包皮炎を発症しやすくなります。

また、糖尿病だと末端の血流が滞りやすくなり、体の先にあるペニスの皮膚が弱くなってあかぎれしやすくなります。

糖尿病予備軍の人は多いと言われているため、健康診断で糖尿病に近いと言われていないか、食生活は見直す所かないかなどをチェックしましょう。

ファンガソープとファンガクリーム

亀頭包皮炎であかぎれになってしまった時にお勧めなのが、ファンガソープとファンガクリームです。両方とも抗真菌対策になるティーツリーオイルが配合されていて、真菌であるカンジダ性亀頭包皮炎に期待できます。

また、ファンガソープとファンガクリームは両方とも保湿も考えて作ってあります。あかぎれが起こった時は肌を保湿し、皮膚を再生するように働きかけるのは大事なので、ファンガソープとファンガクリームは亀頭包皮炎のあかぎれ対策になるのです。もちろん、この2つはあかぎれだけでなく炎症やかゆみなど亀頭包皮炎の他の症状にも利用できるため、ペニスの状態を総合的に向上させてくれるでしょう。

亀頭包皮炎は病院で診察して処方薬で治す方法もありますが、再発しやすいのがデメリットです。何回も病院に行ける人ばかりではないため、ソープとクリームでアプローチしていくのも良いでしょう。そうすれば、病院に行かずともあかぎれしそうだなと思った時にすぐ利用できます。

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)

【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(全商品一覧)
しつこいカンジダを自宅で治すために、とても良い製品があります。実際に試してみて「これは良い!」と思った製品ばかりです。

90日間全額返金保証もある確かな商品です。

【男性はこちら】
男性カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎対策ならカンジダ菌を強力に殺菌(99.9%で殺菌)してくれる「ファンガクリーム」という天然成分の軟膏と、天然成分ティーツリーオイルが贅沢に配合されている「ファンガソープEX」という薬用石鹸がおすすめです。

【女性はこちら】
女性のカンジタ対策なら「ドクターズチョイス フェミプロバイオ」と「ドクターズチョイス カンジタクリアスーパー」という世界最高品質を目指すメーカーのサプリメントがおすすめです。
すべて「正規品」ですのでご安心ください。

質問する

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)